嗚呼、人生よ。

主に70年代~80年代の昭和時代の少年を紹介していきます。

 

少年ドラマ その560

Edit Category ロボット刑事
今回は1973年に放送されていた「ロボット刑事」からの紹介です。
この番組も管理人はリアルタイムでは見ていなかったし、番組の存在すら知りませんでした。
刑事がロボットなんて当時としては画期的な発想だったのではないでしょうか。
映画「ロボコップ」みたいだなぁと思いましたが「ロボット刑事」の方が古いので、先駆的ですね。

7話 頭上の恐怖!01
空を不思議な物体が飛び回るのを見つけたシゲルくん・・・

7話 頭上の恐怖!02
その飛行物体が下りてきました・・・犯罪組織バドーの殺人ロボットでした・・・

7話 頭上の恐怖!03
シゲルくんのおじさんがやられている間に逃げるシゲルくん・・・

7話 頭上の恐怖!04
家に逃げ帰ってきたシゲルくんは、ただ泣くだけ・・・人に言うと殺すと脅されているからです・・・

7話 頭上の恐怖!05
ロボット刑事たちがシゲルくんの家を訪ねてきました・・・

7話 頭上の恐怖!06
説得されて少しずつ話し出すシゲルくん・・・

7話 頭上の恐怖!07
ロボット刑事を見て驚くシゲルくん・・・

7話 頭上の恐怖!08
全てを話したシゲルくん・・・そこに殺人ロボットのヒコーマン襲来・・・

7話 頭上の恐怖!09
7話 頭上の恐怖!10
ヒコーマンを追うみんな・・・

7話 頭上の恐怖!11
芝刑事の家にかくまわれたシゲルくん・・・またしてもヒコーマン襲来・・・

7話 頭上の恐怖!12
待ち伏せていたロボット刑事がヒコーマンを撃退します・・・

7話 頭上の恐怖!13
7話 頭上の恐怖!14
ロボット刑事と仲良くなったシゲルくん・・・色々な話をしてます・・・

7話 頭上の恐怖!15
ヒコーマンを追うロボット刑事たち・・・シゲルくんは離れて見守ることに・・・

7話 頭上の恐怖!16
しかし捕まってしまったシゲルくん・・・

7話 頭上の恐怖!17
空へ連れていかれてしまいます・・・

7話 頭上の恐怖!18
空中からシゲルくんを落とすヒコーマン・・・間一髪、ロボット刑事が受け止めます・・・でもこれ、人形ですよねw・・・

7話 頭上の恐怖!19
ロボット刑事の活躍に大喜びなシゲルくん・・・

7話 頭上の恐怖!20
事件が解決してみんなでピクニック・・・


ロボット刑事 Ep7 投稿者 dm_5078c585dcfdb
画像・動画ともに7話「頭上の恐怖!」より



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロボット刑事 VOL.1 [ 石ノ森章太郎 ]
価格:4860円(税込、送料無料) (2017/4/4時点)






関連記事

Newer Entry少年ドラマ その561

Older Entry昭和時代の小学生男子 Part13

Comments
ロボット刑事 
 本作は正に日本版ロボコップと言える作品でしたね。まぁさんが仰る通り、ハリウッド映画のロボコップに先駆けること10年以上でしたから、着想は画期的だったと思います。僕は丁度小学高学年で、本作は見ていました。
 主人公のロボット刑事は、傷つくと「マザー」という巨大な「観音像」みたいなのに、助けを求めていました。ロボット刑事の相方の千葉治郎氏は、仮面ライダーでは、FBI(何でだw)の滝一也を演じていらして、特撮ではお馴染みでしたね。
 このエピソードに登場する少年、よく見ると前後別色の半ズボンを穿いていて、お洒落ですねw
 当時結構、この手のデザインの半ズボンは多かった気がします。
 
 
ヒコーマンってゆるキャラみたいですねww
 
K 
ロボット刑事K

だと思っていた。

 
ロボット刑事2 
 前回、本作オンエア時に小学高学年でと書きましたが、1973年だと中学生でしたw(年がバレますねw)。
 それにしても、当時の特撮物は対象視聴者を想定してよく子役さんが出ていましたね。大体が誘拐されてしまったり、捕まって人質にされてしまったり、或いは催眠術等で操られてしまったりと、ピンチシーン満載で、かたやハラハラしたり、かたやヒーローの足手まといになるのが歯がゆかったりしたものでした。
 本エピソードの客演少年も半ズボンがよく似合っていますね。ラストシーンでのハイキング?では、なぜか長ズボン。半ズボンでいいのにw
 
Re: ロボット刑事 
わんこさん

> 本作は正に日本版ロボコップと言える作品でしたね。
> まぁさんが仰る通り、ハリウッド映画のロボコップに先駆けること10年以上でしたから、
> 着想は画期的だったと思います。

やはりロボコップを思い出しますよね。


> 僕は丁度小学高学年で、本作は見ていました。

自分はこのようなブログをやってるくせに、当時の特撮はあまり記憶にないんです。
見ていたかどうかも。
有名な「仮面ライダー」ですら見ていたくせに記憶は曖昧。
幼かったせいもあるかも知れませんが主人公が変わっていたことや、ライダー少年隊が
出てたことも記憶に全くなかったですw


> 主人公のロボット刑事は、傷つくと「マザー」という巨大な「観音像」みたいなのに、
> 助けを求めていました。

たまに出てきますね、マザー。


> ロボット刑事の相方の千葉治郎氏は、仮面ライダーでは、FBI(何でだw)の滝一也を演じ
> ていらして、特撮ではお馴染みでしたね。

千葉治郎さんは特撮によく出ていますね。
千葉真一さんの弟さんだという事を知ったのは、割と最近ですがw
「なんでFBI?」って私も思いました。


> このエピソードに登場する少年、よく見ると前後別色の半ズボンを穿いていて、お洒落ですねw
> 当時結構、この手のデザインの半ズボンは多かった気がします。

言われて見直してみたら、本当ですね。
後ろが茶色っぽい?ですね。
 
Re: タイトルなし 
58才北村さん

> ヒコーマンってゆるキャラみたいですねww

改めてヒコーマン見てみましたが、確かにですね!
これはゆるキャラ以外の何物でもないですw
 
Re: K 
なおっぺパパさん

> ロボット刑事K
> だと思っていた。

番組タイトルがってことでしょうか?
ロボット刑事の名前は「K」ですが番組タイトルは「ロボット刑事」の
ようですね。
 
Re: ロボット刑事2 
わんこさん

> 前回、本作オンエア時に小学高学年でと書きましたが、1973年だと中学生でしたw(年がバレますねw)。

そうなんですね。
私は小学校低学年くらいです。


> それにしても、当時の特撮物は対象視聴者を想定してよく子役さんが出ていましたね。

特に男の子の子役が多かったみたいですね。
今では殆ど出ないみたいですね。


> 大体が誘拐されてしまったり、捕まって人質にされてしまったり、或いは催眠術等で操られてしま
> ったりと、ピンチシーン満載で、かたやハラハラしたり、かたやヒーローの足手まといになるのが
> 歯がゆかったりしたものでした。

殆どが、そんなようなパターンですね。
でも中には少年がメインの名作がいくつかあります。
http://aajinseiyo.blog.fc2.com/blog-entry-393.html

http://aajinseiyo.blog.fc2.com/blog-entry-538.html

特に上のウルトラマンAのエピソードは好きです。
泣けます。


> 本エピソードの客演少年も半ズボンがよく似合っていますね。
> ラストシーンでのハイキング?では、なぜか長ズボン。半ズボンでいいのにw

これ、同じく思いました。
「なんでピクニックシーンは長ズボン?半ズボンでいいのに」ってw
 
ウルトラマンA 
まぁさんのご指摘のエピソード、見直してみました。今更ながら、名作の一つだと思います。
 子供の頃って、鳩とか犬とか猫とか動物達が身近で、自分の小学生時代、学校の校門付近でよく業者がヒヨコやハツカネズミ等を販売に来ていました。勿論、子供に購入決定権はなく、業者も心得ていて、「夕方までいるから、うちの人に許可もらっておいで♪」と煽るわけで、子供達は親の了解を取り付けに走り、お金を握りしめて買いに来るというあんばいですw
 自分も一羽買って育てましたが、父が自分以上に世話をして、すくすく育ち、立派なトサカまで生えてコケコッコーと鳴くようになり、団地ではとうとう飼えなくなり、親戚に引き取ってもらった経緯がありました。
 本エピソードでは、少年の可愛がる鳩をヤプール人が非道にも悪用、少年の心を蹂躙し、鳩も死んでしまうという重いお話でした。
 弱者を慰み物にし、非道な振る舞いをするヤプール人に、昨今のテロや終わることのない紛争とその被害者の姿が重なります。製作者サイドも、もしかしたらメッセージ性を託したのかも知れませんね。
 ヒーローがただ悪役を叩きのめしてお仕舞いという、単なるハッピーエンドにしていないところが余韻に繋がるのでしょうね。
 
ロボット刑事の歌 
なぜ、ロボット刑事K
と記憶していたかわかりました。
Wikipediaに載っていました。

<本番組のタイトルは『ロボット刑事』だが、主題歌でタイトルと主人公名を繋げて「ロボット刑事K」と歌われているため『ロボット刑事K』と誤解される場合もある。

私もその一人だったようです。
 
Re: ウルトラマンA 
わんこさん

> まぁさんのご指摘のエピソード、見直してみました。
> 今更ながら、名作の一つだと思います。

早速見られたんですね。
名作ですよね。


> 子供の頃って、鳩とか犬とか猫とか動物達が身近で、自分の小学生時代、学校の校門付近でよく
> 業者がヒヨコやハツカネズミ等を販売に来ていました。
> 勿論、子供に購入決定権はなく、業者も心得ていて、「夕方までいるから、うちの人に許可もらっ
> ておいで♪」と煽るわけで、子供達は親の了解を取り付けに走り、お金を握りしめて買いに来ると
> いうあんばいですw

そんなのがあったんですね。
自分は見たことないですが、校門前で大きな消しゴムとか下敷き?みたいな物で子供を集めて、申
込書みたいなのを渡され翌日、おじさんが居た場所当たりの電柱にポストがくくりつけてあったの
はありました。


> 本エピソードでは、少年の可愛がる鳩をヤプール人が非道にも悪用、少年の心を蹂躙し、鳩も死
> んでしまうという重いお話でした。
> 弱者を慰み物にし、非道な振る舞いをするヤプール人に、昨今のテロや終わることのない紛争と
> その被害者の姿が重なります。
> 製作者サイドも、もしかしたらメッセージ性を託したのかも知れませんね。
> ヒーローがただ悪役を叩きのめしてお仕舞いという、単なるハッピーエンドにしていないところ
> が余韻に繋がるのでしょうね。

おっしゃる通り、そういう色々なメッセージを込めて製作者側は作ったんだと思います。
当時の小学生は、これを見てどう感じていたのでしょうね。
 
Re: ロボット刑事の歌 
なおっぺパパさん

> <本番組のタイトルは『ロボット刑事』だが、主題歌でタイトルと主人公名を繋げて
> 「ロボット刑事K」と歌われているため『ロボット刑事K』と誤解される場合もある。
> 私もその一人だったようです。

そういう風に勘違いしている人が多かったみたいですね。
 
 
よくよく見直して見たら、

お母さんとシゲルくんて、たぶん他人だと思いますが、不思議とよく似ている気がします・・・。

どんぐりまなこで。
 
Re: タイトルなし 
なおっぺパパさん

> よくよく見直して見たら、
> お母さんとシゲルくんて、たぶん他人だと思いますが、不思議とよく似ている気がします・・・。
> どんぐりまなこで。

あらホントですね。
かなり似てるような気がしてきました。
本当の親子だったりしてw
 


 
09 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

08 10


 
 
プロフィール

まあ

Author:まあ
元、昭和キッズ
関西育ち
めちゃくちゃ大人しかったくせにマセガキ
懐かしい昭和時代・・・

 
 
 
カウンター
 
カテゴリ

 
 
楽天のおすすめ
 
Amazon検索
 
 
メールフォーム
 
子役データベース
60年代後半~90年代前半に活躍した
男の子の子役データベースを作りました。
よかったら見てください。

2013年10月31日更新 「子役データベース」へ
 
検索フォーム
 
QRコード
QR
 
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
10位
アクセスランキングを見る>>
 
訪問者数
現在の閲覧者数:
 

ARCHIVE RSS