嗚呼、人生よ。

主に70年代~80年代の昭和時代の少年を紹介していきます。

 

DVDレビュー その52

Edit Category 少年映画・ドラマ
ドンマイ/1990年公開

東京の下町を舞台に弱体少年野球チーム“ちどりボーイズ”の活躍とそこに住む庶民たちの姿を描いた作品です。
隅田川と荒川に挟まれた東京下町の墨東地帯『ちどり横丁』の少年野球チーム“ちどりボーイズ”は毎回予選落ちの超弱体チーム。
監督の田代が今年も優勝絶望かとあきらめていた矢先、町内に高校生並みの豪速球を投げる弘という少年が引っ越してきた。
弘は母かよ子と二人暮らしで、父常吉は勤め先だった町内の焼鳥屋で火事を起こして死亡しており、かよ子がその償いにと瀬戸内海の因島から上京してその焼鳥屋で働いていたのだった。
弘がエースとしてチームに加わり、超強力チームに浮上したちどりボーイズによって、時ならぬ優勝フィーバーの嵐につつまれたちどり横丁。
弘のチーム入団に反対だったかよ子も、田代や応援団や住民たちの飾り気のない温かい人情によって頑なな心を解いていったのだった。
ところが、大会が始まり、一回戦、二回戦と勝ち進むうちに、弘の心に父の死をめぐる黒い疑惑が芽生え、父の尊厳を信じる弘を絶望の淵に突き落としたのだった。
闘争心を失い、みるみるうちに球威が落ちてゆく弘だったが、少年の純粋さと応援団の熱意にうたれて、出火の目撃者である『ちどり団子』の女将ハナコが自分の不注意によって常吉を死なせてしまったことを弘に告白する。
それによって気を取りもどした弘はチームへと戻るが結末は...

ドンマイ01
因島から船で東京へ向かう弘くん・・・

ドンマイ02
少年野球をやっている所をたまたま通った弘くん・・・剛速球を投げます・・・

ドンマイ03
監督は何としてもチームに入れたくてあの手この手で迫ります・・・

ドンマイ04
学校から帰ってきて塾へ向かう弘くん・・・

ドンマイ05
説得の甲斐があってチームに入ることになった弘くん・・・

ドンマイ06
今までピッチャーだった清くんは複雑な表情・・・

ドンマイ07
練習後にみんなで銭湯で汗を流します・・・清くんだけライバルの弘くんを見つめます・・・

ドンマイ08
おもしろくない清くんはチームを辞めると言い出します・・・しかしなんとか両親に言いとどめられます・・・

ドンマイ09
ドンマイ10
お父さんが焼死した本当の理由を聞かされる弘くん・・・

ドンマイ11
それを因島のおばあちゃんにわざわざ直接言うために戻ってきました・・・

ドンマイ12
弘くん不在でがんばる清くん・・・

ドンマイ13
戻ってきた弘くん・・・最後は二人とも和解して握手・・・


ドンマイ 投稿者 dm_5078c585dcfdb





関連記事

Newer Entry少年ドラマ その398

Older Entry昭和時代の小学生男子 Part1

Comments


 
10 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

09 11


 
 
プロフィール

まあ

Author:まあ
元、昭和キッズ
関西育ち
めちゃくちゃ大人しかったくせにマセガキ
懐かしい昭和時代・・・

 
 
 
カウンター
 
カテゴリ

 
 
楽天のおすすめ
 
Amazon検索
 
 
メールフォーム
 
子役データベース
60年代後半~90年代前半に活躍した
男の子の子役データベースを作りました。
よかったら見てください。

2013年10月31日更新 「子役データベース」へ
 
検索フォーム
 
QRコード
QR
 
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
10位
アクセスランキングを見る>>
 
訪問者数
現在の閲覧者数:
 

ARCHIVE RSS