嗚呼、人生よ。

主に70年代~80年代の昭和時代の少年を紹介していきます。

 

DVDレビュー その22

Edit Category 少年映画・ドラマ
(2017・05・15書き直し)
蛇のひと/2010年公開

今回はWOWWOWのドラマWで2010年に放送された「蛇のひと」の紹介です。
この話は非常に面白かったです。
サスペンスドラマの部類に入ると思うのですが静かなる狂気とでも言えばよいのでしょうか。
おすすめです。

あらすじは

三辺陽子(永作博美)が朝出社すると、会社は大変な騒ぎになっていた。
部長の伊東が自殺したというのだ。しかも課長の今西(西島秀俊)まで行方不明になっている。
陽子は取りあえず葬式の手伝いに行くが、部長の妻・牧子は何故か今西の話ばかりをする。
葬式の後、陽子は副社長に呼び出され、今西が横領で逃げている疑いがあると聞く。
しかもその証拠を伊東部長が握っていたという。
戸惑いつつも、陽子は会社の命令を受けて、今西を探しに行く。
今西の友人を訪ねて行く陽子。
今西に振られて今西の友人と結婚しDVにあって離婚した女性。
今西の言葉に従いマンションを購入し、ローンで疲れ果てている夫婦。
今西の仲裁で愛人と妻と3人で住むことになった友人。
皆どこかしら不幸になっている。
今西を知る人物を訪ねて話を聞くにつれ、陽子は今西が一体どんな人間なのかよく分からなくなっていく。
更に今西の恐ろしくて悲しい衝撃の過去を知ったとき、陽子はあることに気付き、愕然とする…。

この映画では西島さんの幼少期をかつての名子役、桑代貴明くんが演じており、時代が昭和になるので昭和半ズボンを穿いています。
このドラマ撮影時は恐らく12歳の小学六年生。
声変わりが始まりかけた少年期最後のキラキラした桑代君が登場します。
桑代くんは、かなりうまい子役さんで管理人はずっと注目していました。
彼は高校生くらいまで俳優活動を続けていましたが、その後ニュージーランドに留学をして、芸能界を引退したようです。
非常に残念ですが、違う道でがんばっていってもらいたいものです。

「嗚呼、人生よ。」の動画チャンネルはここをクリック

蛇のひと01
蛇のひと02
蛇のひと03
蛇のひと04
蛇のひと05
蛇のひと06
蛇のひと07
蛇のひと08
蛇のひと09
蛇のひと10
蛇のひと11
蛇のひと12
蛇のひと13
蛇のひと14


蛇のひと 投稿者 dm_5078c585dcfdb








関連記事

Newer Entry少年ドラマ その45

Older EntryDVDレビュー その21

Comments


 
10 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

09 11


 
 
プロフィール

まあ

Author:まあ
元、昭和キッズ
関西育ち
めちゃくちゃ大人しかったくせにマセガキ
懐かしい昭和時代・・・

 
 
 
カウンター
 
カテゴリ

 
 
楽天のおすすめ
 
Amazon検索
 
 
メールフォーム
 
子役データベース
60年代後半~90年代前半に活躍した
男の子の子役データベースを作りました。
よかったら見てください。

2013年10月31日更新 「子役データベース」へ
 
検索フォーム
 
QRコード
QR
 
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
10位
アクセスランキングを見る>>
 
訪問者数
現在の閲覧者数:
 

ARCHIVE RSS