嗚呼、人生よ。

主に70年代~80年代の昭和時代の少年を紹介していきます。

 

ビリーエリオット2020 いよいよスタート

Edit Category その他
私が2017年の初演から興味を持ち始めたミュージカル「ビリーエリオット」がいよいよ東京で開幕します。
コロナの影響で7月8月の公演が中止になり、もしかしたら今回はすべて中止になってしまうのかもと思ったりしましたが、何とか無事に9月からやれる事になりました。
その初演がいよいよ今日から始まります。
1年かけて育成型オーディションを勝ち抜いてきた4人の主役少年の努力が報われてとりあえず良かったですね。
私は大阪公演を観に行くので、まだ2ヶ月くらい先になりますが今からワクワクです。
以前の記事にも書きましたが、今回は2017年の時よりも色々な情報がかなり少ないと思います。
PRも十分に出来てないし、特番はいくつかありましたが殆どが東京ローカル放送なので関東エリアの人以外はなかなか見る事が出来ません。
私も関東在住ではないので番組は殆ど見れてません。
まあ情報が無い分、未知との遭遇みたいに驚きがたくさんありそうかなと考え直し、色々と楽しもうかなと思っております。

Youtubeチャンネルはここをクリック
Dailymotionチャンネルはここをクリック

hTWX1BjORsWcKxFCFY95NwkuAP98DwkBdXqGMlTnevSQrUMcvGciScnuifGf0Yev.jpg
ビリー役の左から 川口調くん、利田太一くん、中村海琉くん、渡部出日寿くん

myQGkYh23MiNcTDCICHsFuaNhfJ7EzhL8RP0MUnjqtJCylpPv6lWN3FElYz89xMM.jpg
マイケル役の左から河井慈杏くん、菊田歩夢くん、佐野航太郎くん、日暮誠志朗くん














関連記事

Newer Entry海琉ビリー

Older Entry動画再アップ

Comments
長い道のりでした 
再演が決まってからの2年間より、この2か月の方が長く感じましたし、この2週間の方がさらに長く感じましたし、この2日間の時間がたつが遅かったこと。そして、あっという間の3時間でした。

以下、見たことを感じたことをつれづれなるままに、

・子どもの観客がびっくりするほど少なかったです。夏休みじゃないことと、コロナ禍のダブルでしょうか。

・グッズ販売は、場内はプログラムのみ。ほかのものは建物の外での販売でした。

・第2部のはじまりの募金はなし。接触を避けるということで、考えてみれば当然のことですね。

・海琉くんの髪が短くなっていました。(おかげで)額に貼ったマイクが目立ちました。メイクのせいもあってか、えっ、海琉くんって、こんなに美形だったっけとびっくりしました。

・「ソリダリティ」で、涙腺が崩壊。

・「エクスプレス・ユアセルフ」が、実に楽しそう。連れはほどんど予備知識なしで、バレエの話だと思っていたので、タップが出てきて、びっくりしていました。マイケルの歌も上手。

・「ボーン・トゥ・ブギ」では、一人が始めた手拍子に何人が乗って、とんでもなく邪魔でした。曲調が変わるところで静まりましたが、手拍子をしていいのは、「マギー・サッチャー」のところだけです。
ピアノから一回転は、きれいに決まりました。

・「ドリーム・バレエ」は、オールダー・ビリーと椅子を回すスピードが合っていないのが気になりました。でも、体の動きはぴったり。空中では、ガメラの飛行シーン並みにぐるぐる回され、着地したときにちゃんと歩けるのか、心配になるほどでした。

・「エレクトリシティ」で2回目の涙腺崩壊。とにかくきれいな歌声です。宙返りは2回。バレエもまずまずです。もう少し指先まで伸びていれば・・・

海琉くんの初舞台ということで、演出も含め、まだまだ洗練されていないなと感じました。私の席から通路を隔てたところが、スタッフの席だったのですが、クリップボードに付箋がいっぱい貼ってあり、だめ出しをして、これからどんどん良くなっていくんだろうなと思いました。

次の海琉くんの回は、10月になってからですが、どのように進化していくのか楽しみです。
 
Re: 長い道のりでした 
poweroftwoさん

> 再演が決まってからの2年間より、この2か月の方が長く感じましたし、この2週間の方がさらに長く感
> じましたし、この2日間の時間がたつが遅かったこと。
> そして、あっという間の3時間でした。

色々とありましたが何とか開演までこぎ着けてホッとしましたね。


> 以下、見たことを感じたことをつれづれなるままに、
>
> ・子どもの観客がびっくりするほど少なかったです。夏休みじゃないことと、コロナ禍のダブルでしょうか。
>
> ・グッズ販売は、場内はプログラムのみ。ほかのものは建物の外での販売でした。

電子書籍のプログラムが販売されてるんで私はそれを購入しようかなと思ってます。
特典の写真もつくとの事なのでお得かなと。
紙ベースですと当日、結構邪魔になるし。


> ・第2部のはじまりの募金はなし。接触を避けるということで、考えてみれば当然のことですね。

今のご時世では当然の事でしょうね。


> ・海琉くんの髪が短くなっていました。(おかげで)額に貼ったマイクが目立ちました。メイクのせいもあっ
> てか、えっ、海琉くんって、こんなに美形だったっけとびっくりしました。

彼は一般的に見て今回のビリーの中では一番美形ではないでしょうか。
公式サイトのロゴとか看板でも海琉くんが飛んでますもんね。


> ・「ソリダリティ」で、涙腺が崩壊。

私は恐らく最初舞台に登場しただけで少し涙腺が緩みます。


> ・「エクスプレス・ユアセルフ」が、実に楽しそう。連れはほどんど予備知識なしで、バレエの話だと思って
> いたので、タップが出てきて、びっくりしていました。マイケルの歌も上手。

ソプラノ♪7ボーイズコンビだったら尚更息ぴったりだったのかな。


> ・「ボーン・トゥ・ブギ」では、一人が始めた手拍子に何人が乗って、とんでもなく邪魔でした。曲調が変わ
> るところで静まりましたが、手拍子をしていいのは、「マギー・サッチャー」のところだけです。
> ピアノから一回転は、きれいに決まりました。

以前の記事にも書きましたが海琉くんはバック転も足先が伸びてて凄くきれいだったもんね。


> ・「ドリーム・バレエ」は、オールダー・ビリーと椅子を回すスピードが合っていないのが気になりました。
> でも、体の動きはぴったり。空中では、ガメラの飛行シーン並みにぐるぐる回され、着地したときにちゃんと
> 歩けるのか、心配になるほどでした。

あの椅子を回すシーンは意外に難しいのかも?!
私も以前の記事で書いたようにプロモ動画で二人があってないのが凄くきになりました。


> ・「エレクトリシティ」で2回目の涙腺崩壊。とにかくきれいな歌声です。宙返りは2回。
> バレエもまずまずです。
> もう少し指先まで伸びていれば・・・

私、海琉くんの歌声が聞きたくて聞きたくてしょうがないです。
きれいな声で心に響きますよね。
当然涙腺崩壊でしょう。


> 海琉くんの初舞台ということで、演出も含め、まだまだ洗練されていないなと感じました。
> 私の席から通路を隔てたところが、スタッフの席だったのですが、クリップボードに付箋がいっぱい貼ってあ
> り、だめ出しをして、これからどんどん良くなっていくんだろうなと思いました。

そんなシステムがあるんですね。
知らなかったです。
日々進歩するためには必要な事なんでしょうね。


> 次の海琉くんの回は、10月になってからですが、どのように進化していくのか楽しみです。

良い風に進化してると良いですね。
「良い風に進化」というのもおかしな言い方ですが、慣れがでて何と言うか臨場感が無くなってたりしないで欲しいな。
 


 
09 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

08 10


 
 
プロフィール

まあ

Author:まあ
元、昭和キッズ
関西育ち
めちゃくちゃ大人しかったくせにマセガキ
懐かしい昭和時代・・・

 
 
 
カウンター
 
カテゴリ

 
 
楽天のおすすめ
 
Amazon検索
 
 
メールフォーム
 
子役データベース
60年代後半~90年代前半に活躍した
男の子の子役データベースを作りました。
よかったら見てください。

2013年10月31日更新 「子役データベース」へ
 
検索フォーム
 
QRコード
QR
 
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ブログ
54位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
10位
アクセスランキングを見る>>
 
訪問者数
現在の閲覧者数:
 

ARCHIVE RSS